2017年03月22日

クッションやぬいぐるみが当たるみんなのくじ登場

ファミ通App for girlsのTwitterやってます! 
『とうらぶ』情報をチェック!
@girlsApp_m
マスコットやアクキーも!

テレビアニメ『刀剣乱舞-花丸-』から、刀剣男士たちのキュートなBIGクッションやぬいぐるみをゲットできるはずれなしくじ“みんなのくじ”が登場!
962_p_grthu3
刀剣男士たちがかわいい“もちぷち”グッズになったぞ。
価格は1回650円[税込]。
ミニストップ、その他書店などで発売中だ。
【ラインアップ】
A賞 もちぷちまるっこBIGクッション-加州清光-
B賞 もちぷちまるっこBIGクッション-大和守安定-
C賞 もちぷちまるっこBIGクッション-へし切長谷部-
D賞 もちぷちまるっこぬいぐるみ
E賞 もちぷちまるっこマスコット壱
F賞 もちぷちまるっこマスコット弐
G賞 もちぷちアクリルキーホルダー
ラストゲット賞 もちぷちフェイスバッジセット
ダブルゲット賞 もちぷちまるっこマスコットセット
特設サイトはこちら。
▼こんなもちぷちなアイテムも!
『刀剣乱舞-花丸-』燭台切光忠や一期一振たちのモチモチでまんまるなマスコットが3/22よりプライズに
©2016 アニメ『刀剣乱舞-花丸-』製作委員会
【『刀剣乱舞』最近話題の人気記事はこちら!】
1位
『刀剣乱舞-花丸-』もちっとしたデフォルメキャラの刀剣男士たちがみんなのくじに
2位
“『刀剣乱舞-ONLINE-』×足利市コラボ”山姥切国広パネル展示やスタンプラリーが3/4より! 限定グッズも
3位
『刀剣乱舞-ONLINE-』×千代田のさくらまつりのコラボスタンプラリーが3/25から
4位
刀剣男士のドット絵がキュートなアクリルストラップ第5弾が発売決定
5位
『刀剣乱舞-花丸-』燭台切光忠や一期一振たちのモチモチでまんまるなマスコットが3/22よりプライズに
※記事公開時
⇒『とうらぶ』に関する情報まとめはこちら
ファミ通App for girlsのTwitterやってます! 
『とうらぶ』情報をチェック!
@girlsApp_m  

Posted by mautrang at 14:44Comments(0)TrackBack(0)刀剣乱舞

2017年03月02日

ちっちゃいかわいさ振りまく写真「まるっと小動物展」 

さまざまな「写真展」を随時案内していく本コーナー。東京・浅草橋のギャラリー「TODAYS GALLERY STUDIO」で3月17日から4月9日まで開催する「まるっと小動物展」を案内する。

【まるっとした小動物たちをもっと見る】

 株式会社BACON(べーこん)は、ギャラリー「TODAYS GALLERY STUDIO」(東京・浅草橋)において、丸みを帯びた独特なフォルムが可愛いハムスターやリス、ハリネズミなど小動物が主役の合同写真&物販展「まるっと小動物展」を2017年3月17日(金)~4月9日(日)まで開催します。

●「まるっと小動物展」とは?

 「まるっと」という言葉は、東海地方の方言で「全部、まるごと」という意味をもつ言葉です。「小動物」の定義は曖昧で、うさぎや小鳥、ペンギンなども大枠でくくられます。本展では、幅広く小動物を“まるごと”楽しんでほしい意味と、小動物がもつ独特の丸さ(まるっ)も同時に楽しんでほしいという想いから、小動物に焦点をあてた作品空間を展開します。

●「まるっと小動物展」みどころ

 本展では、インスタグラムでフォロワー数10万人越えのBikke the chip(@bikke_the_chip)、角田修一(@hedgehog_azuki)、佐藤公亮(@kousuke_teppei)など、SNSで人気のクリエイターを筆頭に、野生動物から身近なペットまで撮影するプロ写真家・藤本雅秋などが参加。

 物販は、ハンドメイドのぬいぐるみが人気の“little shop”やLINEスタンプが人気の「shiho」など、ココでしか買えないものを“まるっと”集めました。

ほとんどの出展者が写真展初出展で、約250点以上の作品を展示予定。生で作品を見られる貴重な機会です。来場者先着2000名には、オリジナルポストカードをプレゼントします。

癒やしの小動物が大集合

 “まるっ”こいフォルムが特徴のハリネズミ、リス、ハムスターを中心に展示。250点以上の作品の中から小動物の意外なかわいさを発見できます。

“まるっと”癒される動画シアター

 SNSで人気の癒やし動画や、本展初公開の未公開動画など準備中。大型プロジェクターで放映予定です。

会場限定グッズ

 本展限定のグッズや人気商品を“まるっと”販売いたします。

◎販売予定グッズ(一部) ※価格はすべて税別

・“little shop”福士悦子

 トートバッグ 1900円

 りすのぬいぐるみ 赤ずきん

 (カゴ付き、ずきんリバーシブル) 1万5000円

・PUPU

 はむストラップ 1000円

 ぼくんちのハムスター!マスキングテープ 600円

・shiho フレークシール 350円

・アトリエリジッタ 刺繍ブローチ 1300円

・イワモトシューヘー ポストカード 150円

・和々子

 iPhoneケース 2400円

 シマリスがま口 お尻がま口 1500円

●参加アーティスト

Bikke the chip(Instagram:@bikke_the_chip)/リス(ビッケとトッド)

 何気ない日常を残したいと思いシマリスのビッケとトッドの何気ない日常をSNSに投稿をはじめたところ、個性豊かな表情と愛らしい動きの写真、動画が人気を集めInstagramのフォロワーは10万人を超える人気に。そのほかYouTubeのストレッチ動画が話題となり再生回数は2日で200万回を超え世界各国のメディアで取り上げられ、世界中にファンをもつ。

 本展では、リスと過ごす幸せな時間をテーマにした作品のほか、ステンレスタンブラー、ステッカー、クリアファイル、ポストカードなど会場限定グッズも多数展開。

角田修一(Instagram:@hedgehog_azuki)/ハリネズミ(あずき)

 1975年、東京生まれ。1998年よりカメラマンとして、広告、CDジャケット、ポートレートの分野で活動。2010年青幻舎より、パロディセルフポートレートを集めた『THE Parodist』出版。

 2016年2月、ハリネズミを飼いはじめたのをきっかけに、あずき専用のInstagramアカウントを設立し日々の写真をアップしている。写真展初出展となる本展では、“ハリネズミのあずき 日々のあれこれ”をテーマにした作品を展示。クリアファイルなどの限定グッズも販売予定。

佐藤公亮(Twitter:@kousuke_teppei) /ハムスター(鉄平)

 大阪・心斎橋より引っ越してきたハムスター。ハムスターの銀次を超えるためカフェを開店。朝、出勤前・登校前の人間を励まし、見送るのが使命だと思い込んでいる。夜は自室でマッタリしている。たまにテレビ画面がマッピーになっている。銀次の店が閉店し、全国に散り散りになってしまった仲間達を再び集め癒しの世界の頂点を目指す――。本展では、そんな世界観が凝縮された作品を展示予定。

イワモトシューヘー(Twitter:@b108iwamoto)

 ハリネズミのイラストや雑貨を制作するチーム「B108」に所属。オリジナルキャラクター「ハリネズミのクリマツ君」を制作中。本展では作品展示のほか、新作でトートバッグなどを発売予定。

asahi(Instagram:@asahi.fl)/ハムスター(もことラテ)

 ハムスターの「もこ」と「ラテ」そんな二匹の楽しそうに遊ぶ日常をInstagramに投稿したところ、フォロワー数5万人を超える人気に。

本展では、そんな可愛すぎるハムスター もこ&ラテの日常をテーマにした作品のほか、チャームやぬいぐるみクッションなどハンドメイドグッズも多数展開する。

“little shop” 福士悦子 http://little-shop.net/

 アパレル雑貨メーカーにてデザイナーとして勤務後、フリーランスに。シマリスを飼った事から作品のモチーフとし、2003年より雑貨ブランド“little shop”をはじめる。リスをテーマに、ギャラリーや雑貨店で個展を開催、グループ展や手作り市への参加多数。

本展では、人気のバッグ類やぬいぐるみのほか、本展限定で手縫いのリスのぬいぐるみも発売予定。縞模様まで手描きのこだわりをご覧いただけます。

 出展者は、上記ほか アトリエジッタ、大田絵理香、がんもの飼い主、如月ルイ、藤本雅秋、もももさん、和々子、cimaco.、hamuん、mano、PU-PU、saeko、shiho、Tak Hirako を予定。  

Posted by mautrang at 11:19Comments(0)TrackBack(0)動物

2017年02月21日

「ライバルアリーナ VS」新機能・ヒーローマスタリー

スーパーアプリは、iOS/Android向けアプリ「ライバルアリーナ VS」において、本日2月21日に大型アップデートを実施した。
今回のアップデートで、ジェムやクリーチャーなど特別な褒賞が手に入る新機能「ヒーローマスタリー」が追加に。またクリーチャーには新シリーズ「黒き英雄譚」が加わっている。

■ヒーローマスタリーを実装!


新機能「ヒーローマスタリー」を実装いたしました。「ヒーローマスタリー」とは、ヒーローごとに決められた条件を満たすことで昇格し、ジェムやクリーチャーなどの特別な褒賞を手に入れることができる機能です。
ヒーローが一定のレベルまで昇格することで、フレームが変化します。また、レベルが上がることでより種族相性によるコスト低減が強化され、より強力なデッキ編成を行うことができるようになります。
■新クリーチャーシリーズ「黒き英雄譚」登場!


クリーチャーに新シリーズ「黒き英雄譚」が加わります。遠い昔、英雄と謳われた存在。滅んだはずの彼らがなぜクリーチャーとして蘇ったのか…?その物語は、あなたの目で確かめてください。
「黒き英雄譚」シリーズのクリーチャーの一部を紹介!



■バランスアップデートの実施

ヒーローとクリ―チャーたちの能力が、その時代によりふさわしいものとなるように、全体的なコストの見直しと能力調整を行いました。
■対戦によるExp獲得機能の追加

対戦、もしくは一部の遠征に参加することで、戦闘に参加したクリーチャーがリザルト画面でExpを獲得できるようになります。Expを一定値獲得したクリ―チャーは、解放値が上がり、パラメータが上昇します。また、Expは従来通り、魂結晶によって上昇させることもできます。  

Posted by mautrang at 14:13Comments(0)TrackBack(0)小説

2017年02月09日

アニメ『活撃 刀剣乱舞』が新宿駅に登場!

ファミ通App for girlsのTwitterやってます! 
『とうらぶ』情報をチェック!
@girlsApp_m
新宿駅へGO!

2017年7月にテレビ放送が予定されている『刀剣乱舞-ONLINE-』のアニメ『活撃 刀剣乱舞』が、JR新宿駅にて大型ポスターを掲出する。
▼アニメ情報はコチラ!
アニメ『活撃 刀剣乱舞』放送は2017年7月より! キービジュアルやPV第2弾も公開
main
今回掲出される大型ポスターは、アニメに登場する新たな刀剣男子の姿が初披露されるようだ。どのようなポスターなのかは、実物を確認してみてほしい。
▼こちらのアニメもチェック!
『刀剣乱舞-花丸-』続編の制作がスペシャルイベントにて発表
ポスター掲出場所・期間
掲出場所:JR新宿駅東口改札内北通路
期間:2月6日~2月12日まで
※本件に関する駅および駅員への問い合わせはご遠慮ください。
ファミ通App for girlsのTwitterやってます! 
『とうらぶ』情報をチェック!
@girlsApp_m
【『とうらぶ』人気記事】
1位
市来光弘・増田俊樹ら総勢14人が出演『刀剣乱舞-花丸-』スペシャルイベントリポート
2位
『刀剣乱舞-花丸-』続編の制作がスペシャルイベントにて発表
3位
スペシャルイベント“花丸◎日和!”物販グッズ情報まとめ
4位
『刀剣乱舞-花丸-』×グッドスマイル×アニメイトカフェの後半コラボメニュー&限定グッズ公開
5位
『刀剣乱舞-花丸-』×大江戸温泉物語の第二部隊・燭台切光忠・鶴丸国永・堀川国広・和泉守兼定の浴衣イラスト公開
『とうらぶ』に関する情報まとめはこちら
  

Posted by mautrang at 12:26Comments(0)TrackBack(0)刀剣乱舞

2017年01月19日

京極夏彦『虚実妖怪百物語』〈刊行記念インタビュー〉

実在の作家編集者が妖怪と戦う!? 前代未聞の実名小説がここに登場! 
世界で唯一の妖怪マガジン『怪』で、二〇一一年から足掛け六年にわたって連載されてきた『虚実妖怪百物語』がいよいよ書籍として発売されることになりました。魑魅魍魎が現実世界を跋扈し、作家や学者などの著名人から編集者まで目白押しで登場するこの怪作が生まれた裏側に潜む、驚きのエピソードとは!?

京極夏彦『虚実妖怪百物語』〈刊行記念インタビュー〉――実在の作家や編集者が妖怪と戦う!? 前代未聞の実名小説がここに登場!
『虚実妖怪百物語 序』 京極夏彦[著](KADOKAWA)
◆映画『妖怪大戦争』から生まれた実名小説
――タイトルに「虚実」とつく通り、実在の人物が虚構の物語を編んでいくこの小説、そもそもどのような着想から生まれたのでしょうか。

京極 ベースにしたのは、二〇〇五年に公開された映画『妖怪大戦争』のために作った最初のプロットです。『妖怪大戦争』の製作にあたっては、『怪』の執筆陣――今は亡き水木しげる大先生、荒俣宏さん、宮部みゆきさんと僕によるプロデュース・チームが作られ、原案が練られました。しかし、主人公は少年にしようとか、そういう要望が色々あったので、一部のアイデア以外はほとんど残しませんでした。たとえば、映画に加藤保憲を登場させようと言ったのはおそらく僕だったと思うんですが、そういうところはそのまま採用されています。

――なるほど。映画でも本作でも、荒俣宏さんが生み出した魔人・加藤保憲が暗躍しますね。しかし、それ以外で共通する部分となると、「妖怪が出る作品」ということしかないように思えるのですが。

京極 まず主役がいませんからね。加藤保憲が初めて登場した小説『帝都物語』はサイキック伝奇ノベルという謳い文句なんですが、実は虚実ないまぜの実名小説なんですね。あまり注目されないんだけど、僕はそこにグッときたんです。既読の方なら、作中で幸田露伴、寺田寅彦、三島由紀夫といった、実在の作家や科学者が活躍するのはご存じでしょう。加藤保憲と戦うなら実在の人物だろうということで、映画も初期プロットでは荒俣さんや水木さん本人が出てたんです。境港が舞台なのはその名残なんですね。今回は小説なので、やはり『帝都物語』の流れをくむしかないと。でも本作はほぼリアルタイム進行の連載だったので、物故者は無理。でも面識のない人は出しにくいし、怒られるでしょ。そんなわけで、まあ(と、見回す)この辺の人達なら怒らないかなという人選で。

――一方、妖怪映画が好きな向きならば思わずニヤリとしてしまうような場面も多々ありました。

京極 ネタはいつも細かいんですけど、大映の妖怪三部作(『妖怪百物語』『妖怪大戦争』『東海道お化け道中』)からも色々拾ってますからね。そもそも、二〇〇五年版『妖怪大戦争』も、旧作のひそみに倣った三部作構想があったんです。第一作は加藤保憲が東京を攻める話、第二作は年をとった中禅寺秋彦が妖怪どもを無効化する話、そして最後は鬼太郎が実写で登場して妖怪と戦う話という。荒俣、京極、水木のキャラが登場するという構想ですね。まあ与太話のようなものだったんですが、もし実現したらどうしようと思って、少しは考えていたんですね。その時思いついたフレームを使ってみたりもしました。連載時に「もう一つの妖怪大戦争」というサブタイトルがついているのはそのせいですね。

――題名が「百物語」になった理由は? 

京極 大きな意味はないです。『怪』ではずっと「巷説百物語」シリーズを書いていたし、映画のほうも、宮部さんがリメイクしたかったのは実は『妖怪百物語』のほうだったという衝撃の事実もあったし。頭に「虚実」とつければいいかなと。でも読者にしてみれば、本作のどこに「実」があるんだ、と思うでしょうね。まあ、全部嘘臭いんですが、身の周りに嘘臭い人しかいないんですよ。結構真面目に描写したつもりなんですが、存在そのものが嘘臭い実在の人物が多過ぎですよね(笑)。  

Posted by mautrang at 15:42Comments(0)TrackBack(0)小説

2017年01月14日

『刀剣乱舞』新刀剣男士・千子村正のビジュアルと設定が公開

ファミ通App for girlsのTwitter始めました! 
『とうらぶ』情報をチェック!
@girlsApp_m
妖刀村正・ついに登場!

『刀剣乱舞-ONLINE-』にて新たなる刀剣男士・千子村正(せんごむらまさ)の実装が決定!
これに先駆けて、設定とビジュアルが公開化されたぞ。
C1UKiFzUUAAbYTl
千子村正(CV・???)
「huhuhuhu。どうしましたか? 脱ぎまショウか?」
初代村正(千子村正)の作で、恐ろしいほどの切れ味を持つ実戦向きの打刀。
ミステリアスな立ち居振る舞いは、長く妖刀として眼差しを向けられてきた彼の物語から来るものか。
同じ村正の一派である蜻蛉切の心配の種でもある。
▼グッズ情報もチェック!
頬を染めた照れ顔がキュートな“小夜左文字”のねんどろいどが登場
サクライ氏のイラストを使用したキュートな缶バッジ第3弾が登場
実装時期などの詳細は、後日発表予定。
蜻蛉切などの刀剣男士との交流もお楽しみに!
ファミ通App for girlsのTwitter始めました! 
『とうらぶ』情報をチェック!
@girlsApp_m
【『とうらぶ』人気記事】
1位
『刀剣乱舞-花丸-』×大江戸温泉物語であづま袋とチケットホルダーがもらえるスタンプラリーはこんな感じ
2位
展示イベント”本丸博”限定グッズ情報が公開に 
3位
『刀剣乱舞-花丸-』原画カフェ&ダイニングの特設サイトオープンにつき予約も開始
4位
『刀剣乱舞-花丸-』×グッドスマイル×アニメイトカフェの後半コラボメニュー&限定グッズ公開
5位
『刀剣乱舞-花丸-』もちっとしたデフォルメキャラの刀剣男士たちがみんなのくじに
『とうらぶ』に関する情報まとめはこちら  

Posted by mautrang at 12:06Comments(0)TrackBack(0)刀剣乱舞

2017年01月10日

ゲーム・アニメ舞台ミュージカルグッズなど作品のすべてがここ

『とうらぶ』2周年を迎えての大博覧会

2017年1月6日から1月15日までサンシャインシティにて開催される『刀剣乱舞-ONLINE-』初の公式複合イベント“刀剣乱舞-本丸博-”。
『とうらぶ』の2年間をギュッと凝縮した展示イベントにひと足早くおジャマさせていただいたので、その様子を皆様にお届けしちゃいます!!
こんのすけも駆け付け、キュートにお出迎えしてくれましたよ!!
IMG_8339
IMG_8349
会場は8つのエリアに分かれていて、順路に沿って、ひとエリアずつ中を見て回ることができます。
『とうらぶ』のアニメ、ゲーム、舞台、ミュージカル、グッズなど、2年間のすべてがここに詰まっているので、ファンにはまさに垂涎!
ということでさっそく”本丸博”に突入です!!
IMG_8347
<8つの展示エリアで構成>
一.歓迎の間
二.金襖の間
三.廊下
四.三日月宗近の間
五.演戯の間
六.アニメの間
七.グッズの間
八.祝賀の間
ムービーや復元された宗近を堪能!!
まず入口に入ると、『刀剣乱舞』のスペシャルムービーが観られるシアター“歓迎の間”に通されます。
2分間のムービーが上映されるこのフロアでは、3枚の巨大スクリーンを使い『とうらぶ』のゲームに登場するキャラクターたちの紹介がなされたり、アニメのPVなどが盛り込まれた特別な映像が流れます。
宗近たち刀剣男士たちのかっこいいバトルムービーも流れるので要チェックです!!
観賞が終われば、つぎのフロア“金襖の間”へ。
IMG_8375
ここは、金の襖に刀剣男士たちがズラッと並ぶフロアとなっていて、まさに圧巻の光景!!
IMG_8359
IMG_8354
かなり広いフロアなので、お気に入りの刀剣男士をひと振りずつじっくり拝見しちゃいましょう!!
IMG_8365
IMG_8356
IMG_8367
また、フロアには、刀剣男士たちをイメージした香料を調合したものもおいてあったのですが、残念ながら鼻が詰まっていてまったく嗅ぐことができず……(涙)。
会場に足運んだ際は、刀剣男士の香りをぜひ堪能してみてくださいね!!
さて、長い廊下を渡ったその先にあるのは、三日月宗近の間。
IMG_8377
ここではなんと、三日月宗近復元プロジェクトにより作られれた、“復元 三日月宗近 影”が展示されています。
IMG_8385
フロアに置かれた古刀宗近は、なんとも言えない雰囲気を醸し出していましたよ!!
実写化されてもイケメンな刀剣男士たち!
つぎは、演技の間。ここでは、ミュージカルや舞台に出演した俳優陣の紹介や、衣装などが展示されていました。
実写化された『とうらぶ』も、よかったですよね!!
IMG_8383
IMG_8398
舞台で登場した番傘や、舞台、ミュージカルの一幕のパネルを見ることができますよ。
IMG_8406
IMG_8410
う~ん、こちらもみんなイケメンで見入っちゃいます。
IMG_8402
IMG_8397
続いて、アニメの間。
ここでは、アニメ『刀剣乱舞―花丸―』の絵コンテなどの資料がずらり!!
IMG_8426
IMG_8433
IMG_8424
また、超大型フォトスポットも用意されています。
IMG_8416
IMG_8418
小道具も用意されていて、一部撮影に使えるものもあるようなので、ぜひベストな一枚に挑戦してみましょう!!
IMG_8422
IMG_8420
さらに、2017年7月に放送予定の『活撃 刀剣乱舞』のパネル展示もありました!!
IMG_8441
これまで発売されたグッズが勢ぞろい!
そしてグッズの間へ。
こちらは、いままで販売されたグッズの数々が一堂に会したフロアになっています。
IMG_8455
IMG_8450
いやぁ~こちらも量がすごく圧倒されてしまいます!!
缶バッジやフィギュアはもちろん、アパレルなんかも販売されていましたよね~。めっちゃオシャレ!!
IMG_8460
IMG_8451
あなたは、いくつのグッズを集められたでしょうか?! 友だちと「これ持ってるー!」、「これは手に入れられなかったー」なんて会話が弾みそうですね!!
もちろん、会場では”本丸博”限定のグッズも販売されているので、おみやげにぜひ購入してみてはいかがでしょうか。
IMG_8465
IMG_8466
▼会場で販売される限定グッズはこれ!!
『刀剣乱舞-ONLINE-』展示イベント”本丸博”限定グッズ情報が公開に 
最後のエリアには、イラストレーターたちによる描き下ろしイラストが楽しめる祝賀の間が。
『刀剣乱舞―ONLINE―』に参加するイラストレーターたちによる、ここでしか見られない描き下ろしイラストが40点以上も用意されています。美麗イラストの数々はどれも必見です。
はい! というわけで”刀剣乱舞‐本丸博‐”の展示物紹介はこれにて終了ですが、まだまだ終わりません!!
会場を出ると、カードゲームをその場で楽しめるスペースも用意されていました。
IMG_8464
カードゲームコーナーで遊ぶと、カードがプレゼントされるようなので、遊べる方はぜひ挑戦してみるといいかもしれませんね!!
IMG_8468
池袋に潜む刀剣男士を探し出せ!!
また、サンシャインシティでは、スタンプラリーも同時開催。サンシャインシティ館内に散らばった61振りの刀剣男士を探し出すと、クリアファイルがもらえる特典付き!!
IMG_7765
スタンプラリーの用紙には、刀剣男士のいる場所のヒントも書いてあります。お買い物を楽しみながら、こちらにもチャレンジしてみましょう!
なお、探している途中で時間が無くなってしまっても、期間内であればいつでも再開できるようなので、時間を見つけてゆっくり探してみましょう!!
『刀剣乱舞』の大博覧会となる本イベント。
じっくり見て回ったら、かなり時間がかかりそうなほどボリューミーな展示内容で、『刀剣乱舞』の世界にじっくり浸れる素敵なイベントです。
日本中で、旋風を巻き起こした『刀剣乱舞』のすべてが見られる刀剣乱舞-本丸博-”に、ぜひ足を運んでみてくださいね!!
▼会場で販売される限定グッズはこれ!!
『刀剣乱舞-ONLINE-』展示イベント”本丸博”限定グッズ情報が公開に 
▼イベント概要はこちら!
初の複合展示イベント“本丸博”が1/6よりサンシャインシティにて!
▼同時開催イベントも!
『刀剣乱舞-ONLINE-』と“ぽてだん!”コラボイベントがサンシャイン60展望台で開催
▼こちらのイベントも注目!
ミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭 2016~最終公演が全国の映画館にて生中継決定!
『刀剣乱舞-花丸-』×カラオケの鉄人コラボ決定! アニメOP&EDのカラオケ配信も
『刀剣乱舞-花丸-』×アニメイトカフェコラボが全国6店舗にて12月より開催
ファミ通App for girlsのTwitter始めました!
『とうらぶ』情報をチェック!
@girlsApp_m
【『とうらぶ』人気記事】  

Posted by mautrang at 12:34Comments(0)TrackBack(0)刀剣乱舞

2016年12月29日

猫好きにおすすめの2冊 作家の猫への愛がにじむ本

猫がなぜ好きなのか。人それぞれ理由はあるだろうが、観察すればするほど猫の自由きままな魅力にはまっていく人も多いはず。そんな猫の生態があますところなく表現された2冊がある。著者は、どちらも猫好きとして知られる小説家。ちょっぴりユーモアを交えた卓越した観察眼は、猫好きさんも共感する部分がたっぷりあるのではないだろうか。もし周りに猫好きで読書好きな人がいるのなら、ちょっとしたプレゼントにいかが。

【写真特集】気ままな猫の日常

「もし、猫に家を乗っ取られていたら……」。そんなことあるはずがないと思っていても、この本を読むと我が家の猫に疑いの目を向けてしまいそうなのが『猫語の教科書』だ。著者はポール・ギャリコ(1897-1976)となっているが、どうも雌猫のツィツァが書いたらしいその本は、猫が暮らしやすいように人間をしつけるための指南書だ。

猫好きにおすすめの2冊 作家の猫への愛がにじむ本
『猫語の教科書』ポール・ギャリコ(著)灰島かり(訳)(ちくま文庫)
ツィツァは、時には甘えて、時には冷たく、人間を意のままにする。欲しいものがあるときは、声に出さない“ニャーオ”で人間を魅了させ、ゲームや読書をしているときは邪魔をして、気晴らしは猫の許しを得てからするものと人間に徹底させる……。なんとなくその行動は、我が家の猫に重なっているように思えてならないし、まんまと手中に落ちてしまった身に覚えも、なくはない。

 そんな猫の生態をユーモアたっぷりに伝える『猫語の教科書』。この本を開けるたび、ポール・ギャリコがどんなに猫を愛していて、そして人間のそばで幸せに暮らしてほしいと願っているかが伝わってくる。

 日本の猫好き作家の代表ともいえるのが、大佛次郎(1897-1973)さん。生涯にわたり約500匹もの猫と暮らした。その大佛次郎さんの猫に関する小説や童話、随筆を集めたのが『猫のいる日々』だ。

 特に随筆は、猫の可愛さだけではなく、(猫好きと知られて)しょっちゅう庭に捨て猫を放り込まれてうんざりしたり、つい拾ってしまう妻に「猫が十五匹以上になったら、おれはこの家を猫に譲って別居するぞ」と言ってみたり、猫好きが高じて起きた悩みも率直に書かれているところが面白い。今の時代からすると、ぎょっとするような話や不適切な言葉もあるけれど、それを差し引いても、猫、特に捨て猫や体の不自由な猫への愛情はあまりある。

 よく庭に遊びにくる鈴をつけた猫に「君ハドコノネコデスカ」と荷札に書いてつけてみると、「カドノ湯屋ノ玉デス、ドウゾ、ヨロシク」と返事が戻ってきた話(ここに人あり)など、思わずくすりとしてしまう話が多数収められている。  

Posted by mautrang at 12:31Comments(0)TrackBack(0)小説

2016年12月16日

『刀剣乱舞-花丸-』×大江戸温泉物語の浴衣描き下ろしイラスト

ファミ通App for girlsのTwitter始めました! 
『とうらぶ』情報をチェック!
@girlsApp_m
お風呂も縁日も満喫する2振り♪

2016年12月下旬より60日間開催予定の、テレビアニメ『刀剣乱舞-花丸-』と大江戸温泉物語のコラボイベント“『刀剣乱舞-花丸-』×大江戸温泉物語~大江戸温泉遠征~”の描き下ろしイラスト第3弾が公開!
▼第1部隊の4振りはこちら!
浴衣姿の大和守安定と加州清光の描き下ろしイラスト公開
描き下ろしイラスト第2弾はへし切長谷部と今剣の浴衣姿!
▼コラボの詳細はこちら
『刀剣乱舞-花丸-』×大江戸温泉物語のコラボイベントが12月下旬開催決定
第3弾は、第1部隊の残り2振りである前田藤四郎と薬研藤四郎の浴衣姿をお届け!
前田藤四郎
CztX58FUkAImtwp
薬研藤四郎
CztX6QwUQAAqvoo
第2部隊は三日月宗近・歌仙兼定・燭台切光忠・鶴丸国永・堀川国広・和泉守兼定の6振り。
12月中旬ごろ発表予定なので、お見逃しなく!
ファミ通App for girlsのTwitter始めました! 
『とうらぶ』情報をチェック!
@girlsApp_m
【『とうらぶ』人気記事】
1位
“舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺(再演)”開幕初日リポート! 迫力満点の殺陣に圧倒されてきました
2位
『刀剣乱舞-花丸-』47振りの刀剣男士の塗り絵年賀状が年賀状トレードにて販売開始
3位
『刀剣乱舞-花丸-』×大江戸温泉物語の描き下ろしイラスト第2弾はへし切長谷部と今剣の浴衣姿!
4位
『刀剣乱舞-花丸-』原画とセル画を見比べられるクリアファイル10点が12月登場
5位
『刀剣乱舞-花丸-』三日月宗近などがラインアップのプラカード入りウエハース第2弾登場
『とうらぶ』に関する情報まとめはこちら
ban
↑あんスタ、刀剣、おそ松さんなど
女子向けコーナーオープン!  

Posted by mautrang at 12:58Comments(0)TrackBack(0)刀剣乱舞

2016年11月27日

スプレー缶を使って壁に落書きをする体験など5作品

Star Phoenix

宇宙船の中で眠りから目覚めた主人公が新しい惑星を探すというアドベンチャー。襲ってくる敵を倒しながら船の機能を復元していきます。


作品名:『Star Phoenix』(Steam内のページ) (公式ページ) (英語)
開発:Blazar Games
ジャンル : アクション
リリース日:11月25日
日本語対応 : なし
価格:1,980円
プレイ範囲 : 立位、ルームスケール
HandPass VR

https://www.youtube.com/watch?v=OXU44vJuHj4
ラグビーボールを回転する的に当てて得点を稼ぐスポーツ。無重力状態でプレイする宇宙ステーションステージもあります。


作品名:『HandPass VR』(Steam内のページ) (公式ページ) (英語)
開発:Constructive Media
ジャンル : スポーツ
リリース日:11月25日
日本語対応 : なし
価格:1,080円
プレイ範囲 : 立位、ルームスケール
ViveSpray

スプレー缶を使って壁に落書きをするシミュレーション。色を変えたり吹き付ける距離によって陰影をつけることができます。


作品名:『ViveSpray』(Steam内のページ) (英語)
開発:ciwolsey
ジャンル : カジュアル
リリース日:11月25日
日本語対応 : なし
価格:698円
プレイ範囲 : 立位、ルームスケール
The Purge Day

妻を救うために襲ってくるエイリアンを倒すアクション。人型の物から大型の物までさまざまな大きさのエイリアンが襲ってきます。


作品名:『The Purge Day』(Steam内のページ) (公式ページ) (英語)
開発:Red Limb Studio
ジャンル : アクション
リリース日:11月25日
日本語対応 : なし
価格:298円
プレイ範囲 : 着席、立位
Limelight VR

プレゼンテーションの練習ができるツール。マイクを持てたり観客が居たリアルな雰囲気が作り込まれています。


作品名:『Limelight VR』(Steam内のページ) (公式ページ) (英語)
開発:Virtual Neuroscience Lab
ジャンル : ツール
リリース日:11月25日
日本語対応 : なし
価格:798円
プレイ範囲 : 立位、ルームスケール  

Posted by mautrang at 12:31Comments(0)TrackBack(0)

2016年11月20日

「World of Tanks」世界最強チームへの道

 Wargamingは北米時間の2016年11月19日,サービス中のオンライン戦車アクション「World of Tanks」(PC / PS4 / Xbox One)のオフラインイベントとなる「Challenger Rumble」をニューヨークで開催する。

 この「Challenger Rumble」とは,APAC(アジア・太平洋)とEU,そしてNA(北米)の各地域から選出された2チームずつ,計6チームがニューヨークに集まり,合計20万ドルの賞金を懸けて戦うというイベントだ。上位2チームは続いて開催される「Champions Rumble」でCIS(ロシアを中心とする独立国家共同体)のトップチームと対戦する権利を与えられ,そこで勝てば2017年に行われるWGL(Wargaming.net League)の最高峰チームを決定する「WGL Grand Final」への出場権が与えられるという流れだ。分かりました?





※トーナメント開催前日,北米のプレイヤーを対象に行われたファンイベント「Let's Battle Tour」。その舞台となったのは退役した空母「イントレピッド」で,現在は「イントレピッド海上航空宇宙博物館」となっている。試遊台なども用意され,「World of Tanks」や「World of Warships」のプレイヤーが交流を深めていた

※5-1 WargamingのCEO,おなじみのVictor Kislyi氏も参加した
※5-2 「World of Warships」のプレイヤーなら誰でも知っている,ダーシャ・ペローヴァさんがサプライズで登場

 ご存じのように,CIS勢はプロチームが多く,トーナメントで圧倒的な実力を発揮しており,当然ながら「WGL Grand Final」優勝の常連でもある。それに対して,APAC,EU,NAの各地域のチームはセミプロが多く,なかなか国際的なトーナメントに出場する機会が得られない。他国のチームと戦うという経験も得づらく,そうした状況に対応するための施策が,この「Challenger Rumble」というわけだ。

 “Rumble”の名がついたトーナメントはこれまでも行われていたが,これを「WGL Grand Final」と関連させたのは,今年が初めてのことになる。名称のせいでやや混乱しているのは筆者だけかもしれないが,結果として,CIS以外の地域から「WGL Grand Final」に出場するチャンスが増えたという理解でいいだろう。そして今回,そんな「Challenger Rumble」に日本のチーム,B-Gamingが出場するというのも注目のポイントになっている。


 また,これに合わせて,モバイル向けコンテンツ「World of Tanks Blitz」(PC / Mac / iOS / Android)のトーナメントである「World of Tanks Blitz Twister Cup」も開催される。こちらは,同作としては初めての国際的な大会となり,CIS,APAC,EU,NA各地域の予選を勝ち抜いた4チームが初の世界チャンピオンの座をかけて争うというものだ。

 これまで,「World of Tanks」の“お手軽版”という感じで見られることもないではなかった「World of Tanks Blitz」だが,プレイヤー数も増え続け,昨年あたりからe-Sportsへの展開を見すえた「トレーニングモード」や「オブザーバーモード」などの実装を重ねてきた。そしてついにこの日を迎えたというわけで,こちらも興味深い。

 開催の前々日,Wargamingでアジア地区のHead of Competitive Gamingを務める,Jini Jun氏に今回のイベントについて話を聞いたので,その内容を簡単にお伝えしたい。
■「WGL Grand Final」へ,日本チームの進出なるか?

※Wargamingで,アジア・太平洋地域のHead of Competitive Gamingを務めるJini Jun氏
 ちょっと気が早いが,「Challenger Rumble」に続く「Champions Rumble」は,詳しくはまだ発表できないものの,12月の開催が予定されており,場所はモスクワ。「Champions Rumble」に出場するチームとしては常勝軍団Naviと,もう1チームになるとJun氏は述べた。12月! これが終われば,すぐに次の大会が始まるというわけだ。

 どうせならニューヨークまたはモスクワで2日間にわたって試合をすればいいのに,と思うが,Jun氏によればRumbleは,参加チームがいる地域で開催するというポリシーがあるとのこと。これまでアジア,ヨーロッパで開催されたため,今回はまだ一度も開催されていないアメリカのニューヨークが選ばれたのだ。ちなみに昨年,東京で行われた「Pacific Rumble」では,配信の視聴者数も大きく増えて,Rumbleというイベントに対する手ごたえを感じているという。

 今回の出場チームについては,APAC,EU,NAのすべての地域で,これまで大きな大会に出てこなかったような新たなチームが姿を見せている。コミュニティの成長が感じられることで,喜ばしいとJun氏は語る。
 氏は,今回WGLとRumbleを関連づけることで,WGLに1年を通じたストーリーのようなものが生まれたのではないかと考えているが,もし「Champions Rumble」でNaviが勝った場合,彼らはすでに「WGL Grand Final」への出場権を獲得しているため,その場合,参加チームをどうやって決めるかは,割と悩ましいそうだ。

 いずれにせよ,「Challenger Rumble」も「Champions Rumble」も今後,修正すべきところは修正していかねばならず,そのための試金石としても,今回のトーナメントは重要なものになるだろうとのことだった。筆者としては,日本チームが「Champions Rumble」でCISのチームと戦えれば,それはそれで日本の「World of Tanks」シーンにとって,かなり重要なことになりそうなので,今回のトーナメント突破に期待がつのるところだ。

 また,日本チームが惜しくも出場できなかった「World of Tanks Blitz Twister Cup」については,上にも書いたように,e-Sportsのコンテンツとして大会が行われるのはなにぶん初めてのことなので,今回はテスト的な意味合いも強いという。そのため,今後のこともとくには決まっておらず,基本的に今回,トップチームが選ばれれば,それで終わりとのこと。Jun氏はあくまでも慎重だ。

 ただし,今回の試みがうまくいけば,当然ながら継続されていくはずで,できれば1年を通したイベントにしたいという意向はあるとのこと。2017年は,もっとカジュアルな,地域を絞ったトーナメントを順次開催していくことになるだろうという。そういう意味でも,「World of Tanks Blitz Twister Cup」の結果は重要だ。

 「World of Tanks」はCISでの正式サービス開始がEUやNAに比べて1年,日本と比べれは3年も先行したが,「World of Tanks Blitz」は,グローバルで同時にサービスが始まっているだけに,そういう点の有利不利はない。
 Jun氏によれば,出場する韓国のチーム「Team ID」は,出場が決まってから毎日練習しているとのことで,どこが勝つのか,Jun氏にもまるで予想がつかないとのことだ。

 「World of Tanks Blitz」はPC版も提供されているが,今回は「タッチデバイスのみ」というレギュレーションが規定されている。この点についてもまた,今回の結果を見て,検討すべき材料の1つだというが,見かけこそ似ているものの,プレイスタイルも,スキルや消耗品といった細部についてもPC版とはかなり異なっているので,すみ分けについては大丈夫だろうとJun氏は話していた。

 筆者は個人的に「World of Tanks Blitz」のe-Sports化が成功すれば,次はコンシューマゲーム機版「World of Tanks」で,そうなれば,日本のプレイヤーもさらに世界に出てくるようになるのではないか,という希望というか妄想を抱いているので,ぜひとも「World of Tanks Blitz Twister Cup」には注目したい。
■もう1つのRumble,「Road to Rumble」とは何か?

 さて,実は今回のイベントには,アジア地区で行われたトーナメント「Road to Ramble」の勝者3人が観客として招待されている。それについて,Wargamingでアジア地区のAssistant eSports Managerを務めるYamane Cheng氏に話を聞いたので,続けてお伝えしよう。

※WargamingのAssistant eSports Manager,Yamane Cheng氏。台湾の人は英語の名前を付けるのが通例だそうだが,Yamana氏は日本風。由来は「ちびまる子ちゃん」だそうだ

 またもやRumbleでやや混乱しているのは筆者だけかもしれないが,「Road to Rumble」は3人という少人数のチームによる大会で,公式戦のモードは「攻撃・防御」であるのに対し,こちらは「遭遇戦」が採用されていることも大きな特徴となる。人数が少なめなので,戦場として選ばれたのも,比較て小さめのマップだった。
 優勝チーム3人は,上にも書いたように,今回のニューヨークのトーナメントに観客として招待されるという,「ニューヨークに行きたいか?」トーナメントだったのだ。

 Cheng氏によれば,WGLのトーナメントには(当然ながら)選手しか参加できない。そうではなく,プレイヤーではあるが,国際大会がどのような雰囲気の中で行われるのか知らない人に体験してもらいたい,という意図で行われた企画とのこと。
 参加したチームは120組ほどで,国別にはベトナム,日本,台湾,タイという感じでチーム数が多かったとのとこと。優勝したのは台湾のチームだった。

 彼らは,トーナメントの模様を見学するのはもちろん,市内観光などを行い,その様子をSNSなどを通じて発信するという。博物館など,アメリカでしか見られないものを見てもらいたいとCheng氏は述べた。ちなみに,しばらく我々メディアとも一緒に行動したが,プロカメラマンが同行していたので,いずれ彼らの様子がムービーとして公開されるのではないかと思う。

 ただ,実際に出場する選手達の練習の様子を見たり,控え室に入ったりすることは,さすがにできないという。これは,選手達の集中を切らさないためであり,また,お互いにプレイヤーでもあるので,手の内を見られたくない場合もあるだろうという配慮だそうだ。なるほど。

 今後また「Road to Rumble」のような企画を行うかについてはまだ分からないが,続けてやる可能性は高く,おそらく次は「WGL Grand Final」観戦をかけた「Road to Final」になるのではないかという。日本のチームは準決勝にも残れなかったそうだが,Cheng氏は「次は日本のチームが勝つのではないか」と,まあ,リップサービスだとは思うが,そう言ってくれたので,開催の発表に期待したい。

 というわけで,11月11日に掲載した記事でもお伝えしたように,「Challenger Rumble」と「World of Tanks Blitz Twister Cup」日本時間の11月19日23:00からTwitchやニコニコ生放送で生配信される予定になっている。「World of Tanks」のトッププレイヤー同士が繰り広げる熱い戦い。ぜひ視聴してほしい。イベント詳細については追ってお伝えする予定だ。   

Posted by mautrang at 13:35Comments(0)TrackBack(0)

2016年11月13日

タップとスワイプでコンボをつなぐ横スクロールアクションRPG

「Sword of Soul 2」は、美しい2Dグラフィックの横スクロールアクションRPG。アクション操作が直感的に操作が可能なシステムになっているのがポイント。画面左側で左右への移動、画面右側をタップで通常攻撃、スワイプでスキルやジャンプを行える。画面上にボタンなどの仮想パッドが表示されないタイプなので、好きな位置をタップ・スワイプすればいいのが嬉しい。上手くつなげれば、敵を倒しきるまでコンボをつなげられたり、アクション性が極限まで高い作品と言えるだろう!

「Sword of Soul 2」の特徴は、キャラ毎のスキルなどで変わる非常に高いアクション性。基本の行動は、左右への移動と通常攻撃、そしてジャンプ。それに付け加えてキャラ毎の特徴的なスキルによるコンボの構築が楽しい。例えば、前作でも人気だった「Blade Walker」の場合、ジャンプから下スワイプで出せる剣を地面へ突き立てるスキルを始動とした、空中コンボを絡めたコンボは相変わらず強い。そのまま、地上スキルまで絡めていくだけで、画像のように20~30コンボは軽い。自分だけのオリジナルコンボを見つけ出す楽しみは今作も健在だ!

「Sword of Soul 2」の攻略のコツは、重要なスキルをしっかり強化するコトと、基本値のレベルアップを忘れずに行うコト。スキルで重要になるのは、コンボの始動となる技と、フィニッシュに使用する技。少なくともこの二つはしっかりレベルを上げて、後々のランクアップの為に強くしていこう。各装備の強化は、序盤はあまり気にしなくてもいい。装備を変えるコトが多いうちは、武器の強化のみにしておいて、基本値のレベルアップだけ忘れずに行っていこう。   

Posted by mautrang at 10:38Comments(0)TrackBack(0)

2016年11月02日

「ダービースタリオン マスターズ」iOS版が配信開

ドリコムは、iOS版「ダービースタリオン マスターズ」の配信を、本日11月2日より開始した。

「ダービースタリオン マスターズ」は、プレイヤーがオーナーブリーダーとなり、競走馬を生産・育成。レースに出走して重賞タイトルや賞金を獲得し、最強馬を目指す競走馬育成シミュレーションゲームだ。
往年のダビスタシリーズから受け継がれる実在のGIレースや名馬の登場はもちろん、臨場感あふれるレース展開も健在。さらに最強馬の称号をかけて友人や全国のプレイヤーと競うブリーダーズカップも復活した。
スマートフォンでよりわかりやすく、遊びやすくなったゲーム画面で、スキマ時間でもサクサクあそべるテンポ感が実現されている。
(C)2016ParityBit  

Posted by mautrang at 14:06Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月23日

Battle.netに「ブリザードボイスチャット」が実装!

Blizzard Entiertainmentの専用PCゲームランチャークライアントBattle.netに、最新パッチ1.5.1が配信され、新機能「ブリザードボイスチャット」が実装されました。

この「ブリザードボイスチャット」では、仲間とともにブリザードのあらゆるゲームに関する戦略を練ることはもちろん、Battle.netの仲間にグループメッセージを送れます。ボイスチャットは「チャンネル」を作ることで行えるようになり、ランチャー画面右上の友達リストから「チャンネルを作成」を選ぶか、友達の名前を右クリックして実行。また、チャンネルには友達をドラッグしても追加できるそうです。

ボイスチャットは多彩なオーディオ設定でカスタマイズでき、コントロール設定も追加されているので、参加プレイヤーを個別にミュートしたり、音量を調節したりできます。さらに、既存のチャットも拡張され、URLはクリック可能なハイパーリンクとして送受信できるほか、不具合の修正も行われています。


右上の友達リストから行える

ランチャー上で動作するため、お互いが違うゲームをしていてもボイスチャットが楽しめる「ブリザードボイスチャット」はWindows/Mac用アプリケーションBattle.netにて提供中です。  

Posted by mautrang at 12:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月07日

ヘッドマウントディスプレイOculus Rift、新技術によ

●力技で対応環境の幅を広げる何気にデカい発表

 Oculus VRの開発者向けカンファレンス“Oculus Connect 3”がアメリカのカリフォルニア州サンノゼで開催中。その基調講演で新技術“Asynchronous Spacewarp”が発表された。

 同社のVRヘッドマウントディスプレイ“Oculus Rift”と“Gear VR”では、処理落ち時に画像補正を加えることで酔いの原因となる表示遅延を避ける“Asynchronous TimeWarp”という処理が従来より組み込まれていた。しかしこれはGear VRのようなポジショナルトラッキング(プレイヤーの位置を検出して映像に反映する)のない環境では有効だったものの、位置検出を行うRiftなどでは効果に限界があったという。

DSC_1284
▲これまでであれば推奨を下回る秒間45フレーム動作でも、“Asynchronous Spacewarp”で補間を入れて、表示そのものは毎秒90フレームとすることで、(当然毎秒90フレームでフルに動作するほうがキレイだが)表示遅延による苦痛を低減できる。
 “Asynchronous TimeWarp”を導入すると、例えば秒間45フレームで動作する環境(従来であれば基準以下)でも、TimeWarpによる補完を行って、秒間90フレームで処理していくことで、表示遅延による影響を低減した許容範囲内の体験をすることができるという。

 これによりRiftの最小動作環境が改訂され、グラフィックカードがNVIDIA GeForce GTX 970から同960に、同様にCPUがCore i5-6400からCore i3-6100に。もちろんより高フレームレートかつ低遅延に動作できる環境がベストではあるのだが、幅を広げるという意味ではなかなか大きいはず。海外PCメーカーのCyber Power PCでは、AMD系のパーツでまとめて動作環境をクリアーしつつ499ドルにまとめたマシンを発売予定だとか。動作保証プログラム“Oculus Ready”でも、従来よりも対応ノートPCが増えていく見込み。

DSC_1285
DSC_1286
Oculus VR公式サイト  

Posted by mautrang at 10:13Comments(0)TrackBack(0)

2016年09月25日

キャラと雰囲気が良すぎて虜になっちゃう和風ファンタジーRP

『陰陽おとぎソール(Otogi: Spirit Agents)』は、陰陽師としてキャラを率い、現代社会に蔓延る「あやかし」を退治する和風ファンタジーRPG。バトルは操作せずとも自動で進行、ストックされる珠を消費してスキルを発動するセミオート式。オート&倍速ありで楽チン。ビジュアルが非常に良く、2Dグラフィックかと見紛うくらい造り込まれたフル3Dのミニキャラ!風格のある立ち絵イラスト!何より、プレイヤーのお供をしてくれるミタマちゃん(CV.戸松遥)がクッッソ可愛い!!超ボリュームな完全フルボイスにも圧巻!世界観や小粋なストーリーもヒッジョーに素晴らしく、アニメ化してください!と懇願したくなるような雰囲気を秘めているぞ!

現代日本を舞台にしているだけあって、いわゆる妖怪のような「あやかし」は多様性に満ちている。偉人はもちろん付喪神や、ネットに毒されたヤンキー、ヤンデレJKなどなど。キャラ付けが強烈で、秀逸なビジュアルもあり楽し気。面妖なキャラ達の世界で陰陽師として活躍する中、常に付き添ってくれるミタマちゃん。人懐っこい犬のような性格で、表情がコロコロ変わる。素直で良い子で「あるじ!」と一途に慕ってくれる。戸松遥さんの演技も良い。この可愛さは、きっと万人をトリコにするだろう。そして一緒に歩んでいく物語から目が離せなくなる。陰陽師を統括する機関、瓜二つの姿をしたライバルなど、和風ファンタジーらしい展開にも注目だ。

毎日12時から14時までの間なら、一日一回無料で有料ガチャが引ける!お昼休みなどを利用して絶対忘れないように!報酬はギフトだけでなく、お知らせから直接もらえるのも覚えておこう。バトルでは、スキルを使う度に必要な珠の数が上がる。少ない方が良いが、複数攻撃など強スキルを優先するのもあり。キャラはある程度育成しないとアッサリ死ぬ(前衛タイプは特に)ので、不要なキャラをコマ目に混ぜよう。パーティは、先頭キャラの属性がバトルで影響する。クエスト欄での敵アイコンを見て相性によって編成しよう。レアキャラ売却や報酬でもらえる「すあま」は限定レアキャラと交換可能。貴重なので大事に集めるように。   

Posted by mautrang at 12:45Comments(0)TrackBack(0)

2016年08月28日

『アンブレラコア』の反省と未来のゲーム作り

『アンブレラコア』の反省点として川田氏の口から語られたのは、「小規模で価格が安いからという開発側のロジックは通用しない」ということ。3990円ですら高いという声も少なくなかったのだとか。さらに、実績の積み上げが重要なシュータージャンルで、目新しいものを小粒で、という考え自体が甘かったのだとしています。SNSによる口コミの影響力が非常に強い現状で、『アンブレラコア』はそこに食い込むこともできませんでした。

「面白いゲームを作る」「面白いゲームであることを伝える」「面白いゲームであることを伝える手法を確立する」ことは、当たり前のようで非常に難しいといいます。それら反省を踏まえ、川田氏と松江氏は改めて、「コンセプトをしっかり立てる」「ターゲットをしっかり規定する」「販売プランをしっかり組み立てる」ことの必要性を説明し、イベントは幕を閉じました。  

Posted by mautrang at 13:02Comments(0)TrackBack(0)

2016年08月17日

「ファイナルファンタジーXV」の発売延期

この連載は、ゲーム好きのライター山村智美が、ゲームタイトル、話題、イベント、そのほかゲームにまつわるあれやこれやを“ゆるく”伝えるコラムです。毎週、水曜日に掲載予定。ちなみに連載タイトルは、本当は「ぼくらとゲームの間にある期待の気持ち」。新しい体験の、その発売を、いつでも楽しみにしている期待の気持ち。そのままだと連載タイトルとしては長すぎたので……「ぼくらとゲームの」。
  

Posted by mautrang at 18:03Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月23日

いけにえと雪のセツナ

●Digitally Downloaded: 100/100(PS4)
それぞれが重なりあって補い合うバリエーション豊かなゲームシステムと、ゲームのコアで補完されている激しくて強烈なテーマ。それこそが『いけにえと雪のセツナ』で胸を打たれた魅力だ。

●The Daily Dot: 90/100(PS4)
●Polygon: 85/100(PS4)
●WCCFtech: 76/100(PC)



●IGN: 75/100(PS4)



崩れたゲームバランスのせいで戦闘要素の面白さやゲームシステムの更なる楽しさが欠けてしまったが、筆者が『いけにえと雪のセツナ』のメッセージ性から受けた叙情的な衝撃そのものに影響は及ばない。

●Game Informer: 75/100(PS4)
●PC Gamer: 70/100(PC)

●GameSpot: 70/100



良い点
ボス戦で映える戦闘システム
独創的な装備/通貨
新キャラクターに挑ませようとしてくる“Tech”コンボ
美しくも儚い物語

悪い点
最も展望のあるシナリオは駆け足気味
人気のあるキャラクターはオーバーリアクション気味だし、音楽で気が散ることもある
ザコ戦が簡単過ぎる
ランダム要素が戦闘のバランスを乱している

●Hardcore Gamer: 50/100
●GamesRadar+: 50/100
『いけにえと雪のセツナ』は『クロノトリガー』のような16bit時代のJRPGの精神を呼びかけようと試みていたが、その鈍くさい戦闘や単調な展開は、過去のJRPGを“遥かな高み”に押しやり続けているだけだ。  

Posted by mautrang at 09:55Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月16日

Twitch、動画プレイヤーのHTML5移行ベータ開始、

ゲームや芸術活動の映像を配信できるライブストリーミングサービスTwitch。本サイトにて、動画プレイヤーをHTML5へと移行するベータテストが開始されています。

Twitchで従来使われていた動画プレイヤーはAdobe製のFlashとなっていましたが、Googleは2016年Q4ごろにウェブブラウザGoogle ChromeでFlashを無効化することを発表済み。YouTubeやTwitch、Facebookなど大手10サイトに関しては、無効化後1年間はFlashが使用可能になっているものの、動画プレイヤーの移行は急務でした。  

Posted by mautrang at 11:44Comments(0)TrackBack(0)